長屋二軒をペイントリノベ<左側・ネイビーの家編>砂壁に貼れる壁紙よりも砂壁にペンキがおすすめの理由

劣化した砂壁をどうにかしたいと、DIYでリフォームする方も少なくないようですね。砂壁を自分でリフォームする方法に、「砂壁に貼れる壁紙を貼る」という方法があるようです。劣化した砂壁というとちょっと触るだけでボロボロと砂が落ちてくるので、そんな砂壁に壁紙を貼れるなんて知りませんでした。砂壁に壁紙を貼る方法を紹介しているYouTubeを見てみたのですが、「糊がたっぷりついている壁紙」であれば砂壁に…

続きを読む

長屋二軒をペイントリノベ<左側・ネイビーの家編>昭和感溢れる古めかしい和室の木製引き戸をDIYペイントで生まれ変わらせる

写真右側に写っている引き戸、雰囲気があってかっこよくないですか?実はこの引き戸は元々古い家屋でよく見かけるような木製の引き戸でした。 昭和レトロ感を否定するわけではないですし、そういう空間が好きな方にとっては眉唾物かもしれませんが、正直「おしゃれ」というには程遠いですよね。しかもヴィンテージと言えるほどいいものでもなく、ただ朽ちているだけという印象です。こんな古びた引き戸だったらいっそ…

続きを読む

長屋二軒をペイントリノベ<左側・ネイビーの家編>アルミの窓枠やサッシを塗り替えDIYでおしゃれに変える

窓枠やサッシは部屋全体でみると小面積なので、普段はあまり意識しないインテリアかもしれません。だけど、おしゃれな部屋にしたいと思って壁紙やドアの色を変えた途端、アルミ製の窓枠サッシの素材感とかグレーの色味が急に目に付いたりするものです。注文住宅で家を建てる方ならインテリアに合わせて窓枠やサッシの色まで選ぶと思いますが、建売住宅だから窓枠サッシの色は選べなかったとか、中古で家を買ったから窓枠サッ…

続きを読む

長屋二軒をペイントリノべ<左側・ネイビーの家編>ふすまを壁紙に合う色に塗り替えておしゃれな空間にDIYする

自分好みのおしゃれな部屋にしようと壁の色を変えたはいいけれど、ドアなどの建具の色がミスマッチで思い描いていたのとはなんか違う…ということはありますよね。おしゃれな空間づくりというのはそれだけ「配色(色の組み合わせ)」が重要というのがセオリーのようです。 こちらのお宅は白い壁紙をグレーに塗り替えられました。 ▼BEFORE ▼AFTER それだけでも「白い壁紙に木目調の建具」というオーソド…

続きを読む

長屋二軒をペイントリノベ<左側・ネイビーの家編>リメイクシートを貼るより簡単!システムキッチンの収納扉の色をペンキを塗って変えておしゃれにする方法

キッチンの収納扉はリメイクシートを貼るよりペンキを塗る方が手軽?! 築古住宅のキッチンの収納扉のお悩みと言えば、古めかしい、ダサい、色が褪せてしまっている(劣化している)などといった問題があると思います。でも、たとえ築古住宅のキッチンの収納扉でも、インテリアに合う雰囲気にしたいとか、おしゃれにしたいという憧れを諦めたくはないですよね。キッチンの収納扉をDIYでリメイクする方法といえば、リメ…

続きを読む

長屋二軒をペイントリノベ<左側・ネイビーの家編>浴室のアルミドアをDIY塗装でおしゃれなアイアン風にリフォームする

アルミドアってなんかダサいな…と思っている方は一定数いらっしゃるんじゃないでしょうか?たしかにお世辞にもおしゃれとは言い難いですよね。アルミドアのせいで、部屋全体に事務所感?工場感?みたいなのが出ちゃう気がします。アルミのドアや窓枠、サッシをリメイクするといえば、リメイクシートを貼る方法が人気のようです。アルミ製の窓枠にリメイクシートを貼る動画を見てみたんですが、角に合わせてカットしたりてい…

続きを読む

長屋二軒をペイントリノベ<左側・ネイビーの家編>階段をおしゃれにDIYペイントでリフォームする・滑り止めのクリアまで塗ればバッチリ!

築古の住宅の古い階段をリフォーム おすすめのリフォーム方法はDIYで塗装すること! 一つ前の記事で紹介した、古い階段をリフォームするなら「塗装してリフォーム」というおすすめの方法。古い階段をリフォームするには「リメイクシートを貼る」という方法がメジャーかもしれませんが、あらかじめサイズを測ってその大きさに合わせてリメイクシートを購入してカットするとか、貼りづらいところに貼るのに苦労するとか…

続きを読む

長屋2軒をペイントリノベ<左側・ネイビーの家編>階段をおしゃれにDIYでリフォームするならリメイクシートを貼るより手軽な塗装がおすすめ!

築57年中古住宅の古い階段をリフォームする方法とは? 築古の住宅の階段をリフォームするきっかけは様々あると思います。・高齢になってきた、あるいは幼児がいて危ないから急な勾配の階段を造り変えたい・老朽化してきたからその対策として・築年数が経ってキズや汚れが目立つ・暗くて雰囲気が悪いと感じるなどなど。急勾配をどうにかしたいとか老朽化対策であれば、階段そのものを造り変える必要がありますが、キズや…

続きを読む