外壁のペイントリノベ「金属系サイディング塗装編」 ブルーグレーの家

築38年の古家 外壁塗装スタート 玄関壁のタイルに続き、外壁全体を塗装していきます。この築38年の古家はひび割れ、錆などの大きな欠陥はありませんが、外壁の汚れや、外壁材の隙間に充填するコーキングの劣化が見受けられます。このような古家の外壁塗装をするメリットは2つあります。 1つ目は、外観のきれいさを取り戻すこと。長年雨風にさらされた古家の外壁の汚れはなかなか取り除くことができません。また、紫…

続きを読む

外壁のペイントリノベ「玄関周りの外壁塗装編」 ブルーグレーの家

築38年古家の顔 玄関周りの外壁のタイルを塗装DIYでイメージチェンジ家の顔となる玄関。こちらの玄関周りの外壁もペイントリノベで一新します! この築38年古家の玄関周りの外壁にはオレンジ色のレンガ風タイルが使われていて、それが外観のアクセントになっています。だけどどうしても拭えない「おじいちゃん、おばあちゃんのお家」感。きっとこの古家が建てられた昭和50年代では、玄関周りの外壁に使われているレ…

続きを読む

ふすまを塗装してみた! ブルーグレーの家

築38年の古家 砂壁に続き、ふすまをペンキでセルフリノベ先日、砂壁をDIYでペイントリノベした和室。今度はその和室のふすま塗装レポートをしていきます。この築38年の古家のふすまは、経年劣化で茶色く変色していたりシミができていたり、そもそもふすまの柄自体が全体的な古めかしさをより強調するようなふすま紙でした。 築38年古家のふすまを塗装でDIYという選択肢古家のふすまが劣化してきたからDIYでど…

続きを読む

【メディア掲載】タカラ塗料の古家再生・ペイントリノベーションの取り組みが紹介されました

塗料業界紙『Paint&Coating Journal(ペイント&コーティングジャーナル)』(2022.09.28発行)取材記事掲載 タカラ塗料の「古家再生で資産運用を目指す方へ向けたペイントリノベーション」の取り組みが『ペイント&コーティングジャーナル(2022.09.28発行)』にて紹介されました。 塗料でDIYペイントリノベーションを行い古家の資産価値を高める計画や、当…

続きを読む

築38年の古家・内装大工工事編 ブルーグレーの家

築38年の古家 低予算で完成させる!セルフリノベーションの計画この築38年の古家は、建物の造り自体はかなりしっかりしています。ですが、ところどころ床が抜けそうな箇所があったり、全4部屋のうち3部屋が和室だったり、水回りの経年劣化が気になったりと、費用を抑えてセルフリノベしていく上で、工事をする/しないのラインを決めるのが難しいところでした。そこで、・プロによる修繕は必要最小限に抑え、使えるものは…

続きを読む

和室の砂壁をDIYでペイントリノベ ブルーグレーの家

築38年の古家の砂壁が塗装DIYで和モダンな空間に生まれ変わる今回は、2Fの和室の壁をペイントリノベしていきます。この築38年物の古家の物件は、リビング以外全て和室です。こちらの部屋は、階段を上がって2部屋あるうちの6畳間の一室となります。 築38年のボロボロの砂壁をペンキでセルフリノベ!さすが築38年の古家とあって、汚れが染みつき、さらに砂壁特有の色味や襖の柄が古めかしさをより際立たせていま…

続きを読む

外壁のペイントリノベ「色決め編」 ブルーグレーの家

築38年の古家をペンキでセルフリノベする時の外壁の色決めの方法もともとは真っ白であっただろう外壁が、築38年の古家ともなるとさすがに汚れが目立ち、くすんだ印象になってしまいますよね。 この築38年の古家の外壁には「金属系サイディング」という素材が使われています。 外壁に剥がれや錆があったわけではないのですが、もしご自身の古家にそのようなことがあれば、塗料で部材を保護するという機能性の観点でも…

続きを読む

洗面所をDIYでペイントリノベ ブルーグレーの家

昭和レトロ感満載の洗面所が塗装DIYで生まれ変わる! タカラ塗料スタッフのSです。塗装実働班として、ペンキを使ったセルフリノベーションをレポートしていきます。 まず取り掛かったのは、黄緑色のタイルが印象的な洗面所兼脱衣所。洗面台の隣には洗濯機を設置するスペースがあります。バスタオルや着替えをしまう棚も置けそうで、広さも使い勝手も申し分ないです。 ゆくゆくは床を貼り直したり、洗面台を新しくし…

続きを読む