外壁のペイントリノベ「金属系サイディング塗装編」 ブルーグレーの家

築38年の古家 外壁塗装スタート 玄関壁のタイルに続き、外壁全体を塗装していきます。この築38年の古家はひび割れ、錆などの大きな欠陥はありませんが、外壁の汚れや、外壁材の隙間に充填するコーキングの劣化が見受けられます。このような古家の外壁塗装をするメリットは2つあります。 1つ目は、外観のきれいさを取り戻すこと。長年雨風にさらされた古家の外壁の汚れはなかなか取り除くことができません。また、紫…

続きを読む

外壁のペイントリノベ「玄関周りの外壁塗装編」 ブルーグレーの家

築38年古家の顔 玄関周りの外壁のタイルを塗装DIYでイメージチェンジ家の顔となる玄関。こちらの玄関周りの外壁もペイントリノベで一新します! この築38年古家の玄関周りの外壁にはオレンジ色のレンガ風タイルが使われていて、それが外観のアクセントになっています。だけどどうしても拭えない「おじいちゃん、おばあちゃんのお家」感。きっとこの古家が建てられた昭和50年代では、玄関周りの外壁に使われているレ…

続きを読む

外壁のペイントリノベ「色決め編」 ブルーグレーの家

築38年の古家をペンキでセルフリノベする時の外壁の色決めの方法もともとは真っ白であっただろう外壁が、築38年の古家ともなるとさすがに汚れが目立ち、くすんだ印象になってしまいますよね。 この築38年の古家の外壁には「金属系サイディング」という素材が使われています。 外壁に剥がれや錆があったわけではないのですが、もしご自身の古家にそのようなことがあれば、塗料で部材を保護するという機能性の観点でも…

続きを読む